不倫した人の話


不倫した人の話によると、結婚していない男の人と不倫をしたいという場合、いい部分悪い部分があるといいます。

いまからその知り合いに聞いたいい部分の話をしましょう。なぜ不倫をしたか、それぞれでしょうけどあちらが結婚していないなら、相手の周りの人のことは気にすることしなくていいと思います。

付き合っている人が妻帯者なら、自由に男性と遊ぶことは無理でしょう。遊びに行った先で自分の知り合いに会わないかとかは考えなくてもいいでしょう。相手が結婚していない不倫の場合で、自分が既婚者の場合ちょっと話が違ってきます。

自分の生活圏内では遊びたくないでしょうし、友人などにも見られたくないはずです。

ですが相手が結婚していない場合、比較的自由な時間があるでしょうから相手に頑張ってもらいましょう。

既婚者との不倫は相手の家族などにも気を使わなくてはいけませんし、女性側の家族もあわせて不倫がバレないようにするのは結構面倒です。

男性が未婚の場合、既婚者との不倫よりも、面倒が少なく心配事もあまりないようです。

自身の周りの人にバレないようにするだけですから気楽でしょう。

しかし既婚者同士の不倫は気苦労もリスクも2倍でしょうから、心配のし過ぎでストレスが貯まるかもしれません。

不倫にはいいところ、悪いところがあるでしょうが、どれだけ楽しめたかで男性との不倫の評価がいい体験か、よくない体験か決まるのでしょうね。

男性が結婚していない場合、自分が離婚してもまた最初から付き合えると思うので、そのへんは既婚者よりも面倒がなくていいですね。

30女は不倫を好む?

最近の恋愛事情では、30代の独身女性は、不倫の関係に走るという傾向がみられるようです。

しかも長い不倫関係を続ける気はなく、いわゆるワンナイトラブ型の不倫を楽しむ30代独身女性が増えてきているようなのです。

一夜限りの関係というのは、その時の感情の高ぶりや欲情によって、その場限りの肉体関係を結ぶことをいいます。

相手が未婚であろうと既婚であろうと、関係ないといえば関係ないですね。

刹那的なセックスフレンドということになるのです。

既婚の男性からしてみれば、単なる火遊びの相手ですね。

不倫はこれが発展して恋人関係になることを指します。

将来的に結婚するかは別として、普通の恋愛とほぼ同じ行程を踏みます。

しかしここで普通の恋愛と違うのは、不倫ならではの悲劇のヒロイン性や、罪悪感からくる男の献身、将来性が見えないだけに、その場の恋愛にかけるエネルギーたるや、普通の恋愛とは比べ物にならないくらいすごいということが言えるでしょう。

ある程度恋愛を経験してきた独身の30代女性がこういった理由でoハマるというのは頷ける話ですね。

出会い系サイトを利用している人

貪欲にまで体を求めて、即効で会って、そしてすぐに体の関係を持ったAとの出会いですが、これを読んでいる人のなかには、この出会いはとても理想で、そんな出会いをしたいと思っている人も多いかもしれません。

出会い系サイトを利用している人は誰もがそんなスムーズな出会いにあやかりたいと思っているに決まっていますし、それが男性として当たり前のことです。

どうすれば今回のAみたいなタイプに遭遇するのでしょうか。何をすればいいのでしょうか。

まず、サイトを選ぶところからスタートします。

やはりそれなりのサイトに行けば、Aみたいな女性に出会う確立は高くなります。

こういった女性はかなり気まぐれですから、特にサイトを決めて意識して使っていないというのが特徴なのでこれまた難しいです。

一般の出会い系サイトは、即会えることを売りにしているところが沢山ありますから、宣伝広告には、今すぐこれから会えるとか、今晩会えるとか、色々書いてありますが、これは絶対ではなくて、根拠はないのです。期待してはいけません。

目安になることとしては、頻繁に書き込みがある盛り上がっている出会い系サイトがいいと思います。やはり掲示板に頻繁に書き込みがあるということは即出会いたいと思っている女性や出会いを求めている女性が多く利用していて、それに出会う確率は高いと思うのです。

簡単に言ってみれば、人が沢山圧あっていれば、その中にちょっとそういった女性もいるのではないかということですね。簡単ン阿古とです。

これは何の対策や傾向でもないように思えるかもしれませんが本当はかなりキーポイントになっています。

出会い系サイトを利用している女性を絞り込みたい場合にはテーマを使います。既婚者同士の出会いを求めている人が利用しているのは不倫の出会い系サイトといったように専門のサイトを探すといいかもしれませんね。

ですが、利用者は具体的にそうなのかといえば、特に女性はサイトのテーマを気にして利用しているということはないようです。

最初からあまりサイトのテーマについて先入観を持たずに、書き込みの頻度が多いサイトをこまめに探して、他の書き込みとは盛り上がり方が違うと思うようなサイトを利用するといいでしょう。

切なくて少しいい話

切なくて少しいい話を紹介します。

「草食男子」や「肉食女子」という呼び方がされるくらい女性が強い時代になりましたが、そんな時代にあっても心の内を言えずに、

旦那さんの言いなりになっている女性も数多く存在することと思います?

 世間的にみると貞淑な主婦であり、仲のいい夫婦のように見られていても 本当の絆が築けているのか?自分は夫に必要とされているのかと日々思い悩み、人前では笑顔を浮かべているしかない現状を 本当に幸せと言えるのでしょうか。

そんな毎日に思い悩んでいたCさんは、出会い系サイトで知り合った単身赴任中の男性とメール交換をするようになったのです。

自分の存在意義について悩みメールでの相談だけのつもりだったたCさんに対して、相手は時間があるので会いたいと誘ってきたのです。

 その誘いをOKしたにも関わらず、相手の男性と手を繋ぐことすら躊躇ってしまうくらい家族への罪悪感や迷いを持っていたCさんでしたが 彼女の気持ちを理解して男性は強引にホテルに誘うようなことはしないで、散歩や食事だけを楽しんだのです。

 そんな出会いを何回か重ねる内にCさんは緊張がとれて、男女の関係になり女性として愛される喜び、誰かに必要とされることを知り、そのことによって充実感を得ることが出来たのです。

 単身赴任を終了し男性が家族の元へ帰ったと同時に2人の関係は終わってしまいましたが、この愛された記憶は今でもCさんの胸に刻まれ輝き続けているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ